リモートワークの3つのメリットとは?転職前後と比較します!

こんにちは、現在リモートワーク中のみさです。

 
みさ
リモートワーク最高。
 
 
いぬ
サボれるから?
 
みさ
仕事サボる暇ない…涙

以前は毎日会社へ出勤していたのですが、約8か月前に転職してからフルリモートになりました。

8ヶ月経っての感想としては一生リモートワークでもOKな私です。

今日はリモートワークを約1年している私が考えるメリットについて書いていきます。

今転職を考えていてリモートワークしたいな~と思っている人に参考になったら嬉しいです。

リモートワークのメリット


リモートワークのメリット

私の思うリモートワークのメリットは3つ。

  1. 時間を有効活用できる
  2. 節約できる
  3. 仕事に集中できる

 

通勤時間がない分、時間を有効活用できる

まずは1つ目のリモートワークのメリットは時間を有効活用できることです。

ここでリモートワーク前後のスケジュールを比較してみましょう。

リモートワーク前(毎日出社していた)スケジュール

転職前の毎日出社していた私のスケジュールはこのような感じです。

時間過ごし方
6:30起床
6:45朝ごはん
7:00片付け、お弁当準備
7:30

着替え、化粧

8:10

出発

9:30

始業


大体家を出る1時間半前に起きて色々準備して出かけます。

ただし、このスケジュール実はかなりバタバタ。笑

お昼ご飯をコンビニで買いたくない一心で毎日お弁当を作っていたこともあり比較的早起きかなと思います。

とはいえ前日の夕飯の残り物ですが…

通勤時間は約1時間かかっていました。

焦って会社に着きたくないという気持ちもあり、早めに家を出ていました。

 

リモートワーク時のスケジュール

では次に今のリモートワーク生活のスケジュールを紹介します。

時間過ごし方
7:00起床
7:15朝ごはん
7:30片付け、着替え
8:00

勉強

9:30

始業

 

転職する前と後で4点違いを感じています。

  • 起床時間が遅くなった
  • 化粧の時間がない
  • 始業前に勉強する時間を捻出できた
  • 時間にゆとりができた

1つ目、2つ目は皆さんよく言いますよね。

通勤時間がない分、遅くまで寝ていられます。平日は7時間くらい毎日寝るよう意識して生活しています。

以前は6時間くらいの睡眠だったので睡眠時間が伸びました。仕事中に眠くなることもないのでありがたい。

2つ目が一番の利点かも。

化粧をしなくて良いってすごく楽です。

私の会社では会議も基本カメラOFFなのでほぼ化粧しません。

たまにカメラオンのときがあるのですが、その際はラロッシュポゼの日焼け止めを塗って粉をはたいて眉毛を書いて口紅塗ったら完成です。


 

直接会うわけではないのでかなり雑。笑

今までは化粧しないとコンビニにも出かけられなかったんですが、今はスーパー、病院どこでもすっぴんで行けるようになりました(それはそれでどうかと思いますが、、、笑)

それと同時に毎日の服にも悩まなくて済むようになりました。

今は毎日ニットにスキニーを合わせて上から着る毛布を着て終わりです。リモートワークでは体調を崩さないように暖かさ重視で過ごしています。

 

3つ目は始業前に勉強する時間が増えました。

特に私は前職と職種、業界全て異なる状況で転職したため、なんとか知識をつけるため勉強しないと思い資格勉強をしています。

前職では全然勉強していなかったので私の中では成長しました。笑

現在もある資格を取得するために勉強中。

やる気が出ない日もあるけど1ページくらいは見るように意識をしています。

 

4つ目は時間にゆとりができました。

勉強できるようになったのもありますが、掃除や洗濯の時間を朝捻出できるようになりました。

以前は平日仕事から帰ってきてから洗濯(部屋干し)やスーパーへの買い出しをして夜ご飯の準備や片付けをし、土日に掃除をするという流れ。

転職前は夜や土日に家事が溜まっている状態でした。

今は始業前に洗濯、掃除を行い昼の休憩時間に夜ご飯の仕込み(材料を切ったり、買い出ししたり)ができるため夜の時間にゆとりができるように。

無理なく自炊できているので精神衛生上もかなり良いです。

 

節約できる

2つ目のリモートワークのメリットは節約できることです。

具体的にリモートワークになって出費が減った部分を紹介します。

  • 化粧品代
  • コンタクト代
  • 食費(昼食、夕食)
  • 交際費

化粧品代

1つ目の美容費は毎日化粧をしなくなったため、消耗するスペースが圧倒的に遅くなりました。

化粧をするのは土日含めても多くて週1~2回程度。

今まではドラッグストアに行ったときに気になった化粧品をすぐ購入していましたが、今は使う頻度が下がっている分「本当に使うかどうか」を一度考えてから買うようにしています。

コンタクト代

2つ目はコンタクト代です。

私は目が悪い(両目で見ても0.1見えないくらいです)のでコンタクトを使用していました。

コンタクトを使っていた理由として2点「眼鏡が似合わない」「裸眼で眉毛が書けない」などが挙げられます。笑

実は転職してリモートワークになって最初の頃はコンタクトをつけて化粧もして仕事をしていました。

コンタクトをつけて化粧をしたら仕事モードに切り替えられるかなと思ったので。

しかし、PC作業がほとんどなので目が疲れて充血するようになってしまいました…..

そのため、コンタクトは辞めて眼鏡生活をするようになり、裸眼では化粧もうまくできないので諦めてすっぴんで過ごしています。

 

食費

3つ目は食費です。

主に昼食と夕食代でのコンビニや外食が減ったため出費が減りました。

転職前も出来る限りお弁当を持って会社に行っていましたが、どうしても作れない日はコンビニや同僚と外食をしていました。

また、仕事終わりに駅ナカやコンビニに立ち寄り「ご褒美」と称して頻繁にちょっと良いお弁当やケーキを購入していました…反省。

今は週に何回かスーパーで買い出しし、昼、夜ともに自炊しています。

といっても昼の自炊は適当で冷凍しておいたごはんと前日のおかずの残りがほとんどですが。

わざわざコンビニに行ったり外食しようという気持ちが起きなくなったことが大きいです。

 

交際費

4つ目は交際費です。

これも食費に通ずる部分なのですが、前職は飲み会が多い会社だったためか、仕事終わりに飲みに行こうと誘われることも多く飲みに行っていました。

今はリモートワークなので会社の人と飲み会に行くこともなく個人的には気が楽で助かっています。

 

仕事に集中できる

3つ目のリモートワークのメリットは仕事に集中できることです。

前職で出社しているときには、人が自分の後ろを通りすぎたり誰かに話しかけられたり、電話が鳴ったりすると集中が切れてしまっていたりしました。

今思えば、いつもソワソワした状態で仕事していたと思います。

自己診断なので確実ではないですが、おそらく私はHSPです。

HSPは、そうでない人と比べると、外部からのあらゆる刺激を過剰に受け取ってしまうため、必要以上に疲れたり、ストレスを感じてしまいがちで、周囲からは「神経質」「繊細」「ストレスに弱い」と思われる傾向があります。

引用:人事労務関連ワード辞典

 

一時期は朝早い時間に出社して絶対に今日終わらせなくてはならない仕事を朝進めることもしていました。

今のリモートワーク生活では電話対応もなく、チャットで話しかけられることはあっても急に対面で話しかけられることはありません。

そのため「この作業が終わったらチャットをチェックしよう」と自分の中でルールを作ることが出来るのでとても助かっています。

HSPだからなのか、会社の中で発せられる周りの音や声の情報が入ってくると私に話しかけられていなくても「私がミスった?」と調べてしまったり「あ~その情報間違ってます、正しいのはこちらの情報です」等と気になってしまったり。。。

今は必要な情報だけ入ってくるので気持ちが楽になりました。

 

まとめ

 

今回は私の考えるリモートワークのメリットを3つ紹介してみました。

コロナ禍で制限されることも多く嫌気がさすときもありますが、働き方が多様になったということはコロナ禍のメリットかなと思います。

私は今のところフルリモートの生活にほとんど不満もなくデメリットを加味しても今後もリモートワーク生活を続けていきたいな。